ジャイロ回転のボールを投げてみる

では、次は実際にジャイロ回転のボールを投げてみます。これはジャイロボールのリリースのコツをつかむためです。
いくらWS投法でも、リリースがうまくできていなければきれいなジャイロボールを投げることはできません。
ジャイロというと難しいイメージがありますが、まったくそんなことはありません。結構簡単にできます。
まずは図1のように脱力してたちます。足は肩幅ぐらいでいいです。左足のつま先はホーム側に向けます。
緑はボールを投げる方向です。

図1jairokaiten-1.gif

では投球動作に入ります。まず、軸足(右足)を、膝を支点にホーム側へ傾けていきます。エッジングに似た感覚で行います
これが並進運動になります。これをすると徐々に左足に体重が移って行くとおもいます。
すると下半身の力によって自然に体が1stスピンし始めます。このとき右腕をテークバックし始めます。(図2)

図2jairokaiten-2.gif

ひきつづき並進運動を行います。1stスピンがさらに進み、体が正面を向く頃に腕はターゲッティングといって、
肘が投げる方向を向いてるとおもいます。これが2ndスピンの準備になります。

jairokaiten-3.gif

腕が体のも横あたりをすぎたあと、いよいよリリースに移ります。リリースの際、ボールを指の上で転がすように、
言い換えれば流すように投げます。このコツをつかむのが難しいですが、コツさえつかめば簡単にジャイロ回転をかけることも可能です。
投げ終わった後、セオリーどおり腕が内捻りになっているとおもいます。ボールは見事なジャイロ回転をしとんでいくとおもいます。

jairokaiten-red.gif
ほとんどぶっつけ本番でやってみても、結構簡単にジャイロ回転はかかる

れっどもチャレンジ。片面を黒く塗ったボールを、黒の面が前を向くように投げてます。

HOME

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO