セット・クイック

ランナーが出ると、モーションを短くするために、セットポジションからクイックスローで投げます。
モーション全体が小さくなる分、制球は安定しますが、球威が下がってしまいます。
クイックをする上で、疑問となりやすいのは、「モーションの速さを追求すべきか球威ダウンを極力抑えるべきか」です。
すばやいモーションで投げれば投げるほど、ランナーのリードは小さく、バッターもタイミングがとり難くなりますが、
球威がどうしても下がってしまいます。モーションが大きいと球威はあまり下がらなくても、盗塁されることが多くなって
しまいます。どちらを重視すればいいのかは、個人の問題です。球威をとるかすばやさをとるか。
しかし、どちらとも両立できないというわけではありません。要はすばやいモーションで球威のあるボールを投げればいいのですから、
いくらかの方法はあります。その中でも、れっどが推奨するのは「ルの字形ステップのクイック」です。
西武西口投手やヤクルト石川投手などに見られる、踏み出す足を大きく内側に捻りこむことで
開きを抑えるタイプのステップですが、このステップは比較的容易にクイックとして使うことができます。
通常、クイックというと踏み出し足を低くキープしたまま前へステップしますが、それだとどうしても
エネルギーが足りず、球威不足となってしまいます。しかし、ルの字ステップのように、
大きく膝を内側へ捻りこめば、同レベルのすばやさでありながら強く体の開きを抑えることができ、球威を確保できます。
今回はちょっと時間がないために略しますが、西武東投手がこのタイプのクイック投法です。
もちろんほかの投手もやっている投手はいるかとは思いますが・・・クイックで悩んでいるならば1度試してみては同でしょうか?

HOME

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO