HOME変化球/カーブ
カーブは変化球の基本ですが、あまりサイドスローでは多く使われている球種ではありません。
しかし、不利な理由などなく、左右の揺さぶりによりいっそう幅が出て、なおかつ
緩急のつけられる球種になりえます。
カーブの握り

ka-bu-n1.gif
視点A  視点B

カーブはスライダーの握りでも投げることは比較的楽です。
カーブも一般的な握りでOKです。ちょっと体制が窮屈なため画像が微妙ですが・・・
手首をスライダーよりも起こしているのがわかりますか?
これによりスライダーよりも縦スピンが多くなり、さらに手首を立ててスピードを殺しているので
結果、抜いたカーブになります。
基本的にサイドスローでも変化球の投げ方は同じです。
ちゃんとしたカーブの投げ方を理解している人は、まったく初めてでサイドスローで
カーブを投げても無意識にちゃんとしたカーブになります。
そうでない人は「サイドスローのカーブの投げ方は?」と考え込んでしまうのです。
変化球の投げ方というのは理論でなく感覚です。
カーブは緩急をつけるには有効な球種であり、またシンカーと組み合わせることで
左右の揺さぶりと緩急で打者を翻弄することができます。

end

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO