HOME>変化球/シュート
ストレートがナチュラルシュートになる投手が多いのに、
ちゃんとしたシュートをもち球にしている投手はあまり多くはありません。
ナチュラルシュートはなってしまうもの、シュートはさせるものなのですが、
いざシュートを投げてみるとなるとなかなか難しいのです。
上手投げのような投げ方とは違った投げ方なので、なれていないせいもあります。
そこでシュートのコツですが、左足へワンタイミング早く体重を乗せて、
少しインステップ気味で投げてみましょう。すると自然と
ボールはシュートします。もちろんリリースはストレートを投げるときと同じです。
実はコツさえつかめばシュートは簡単なんですね。
シュートの握り

shu-to-n1.gif
視点A  視点B

握りはストレートでもいいですが、2シーム系の握りの方が曲がりやすいとおもいます。
先ほどのコツさえつかめば特に工夫しなくても投げられるとおもいます。

end

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO