HOME>フォーム/テイクバック
サイドスローのテイクバックにはちょっとした工夫が有効です。
それが「見えないテイクバック」です。打者の死角になるようにテイクバックを行えば、
テイクバックでタイミングを取っている打者に対して非常に有効になります。

teikubakku-si.gif

しかし、バッターは真正面にいるわけではありません。打者によって右側か。
左側のどちらかで構えています。すると、
左右の違いによって視点からの死角が異なってきます。
これに対して左右両打者からの死角を求めることは難しくなってきます。
そんなときは思い切ってどちらかにポイントを絞って見えないテイクバックを行えば
よいのです。左打者に強くなりたいなら左打者から見えないテイクバック、逆も同じです。
 
また、テイクバックをする上でのポイントは、腕の角度を90度前後にキープするということです。
これは腕が縮こまって球速が出なかったり、腕が伸びすぎて制球が
安定しなくなることを防ぐためでもあり、力を出す上で最も理想的な
角度が90度だからです。また、90度前後であることで
リリースの際にゼロポジションに入りやすく、より前でリリースすることが可能だからです。

end

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO