アップ・ダウンの基礎

最終更新日 2004/11/28

アップ
アップは体をほぐし、怪我を予防し、その時の調子を把握し、痛みや張りがないかもチェックします。
時間的には、最低でも15分から〜20分は必要です。一般的には30分ぐらいが平均的だと思います。
アップの効果(体のほぐれなど)は45分ほど持続するといわれ、アップから実際にノックや試合が始まるまでに
時間が空きすぎては意味がありません。
メニューとしては、軽めのランニングや各部のストレッチ(体操なども含む)が主流です。
気温が低い冬場などは特に時間をかけるべき部分です。
  ランニングなどが一段落したら、次はダッシュなどへ移ります。ただ短距離を走るダッシュのほかにも、
各部を捻るような動作を付け加えたダッシュや、ジャンプしながら、体を大きく使いながらなど、種類は豊富です。
それらの一般的なアップ後は、キャッチボールやトスバッティングなどへ移ります。
特にキャッチボールは時間をかけ、1球1球意識して捕球、投球することが大事です。

  

  
ダウン
ダウンでは激しい運動をした体をほぐし、疲労回復を促進させることが目的です。
疎かにしやすいメニューの1つでもありながら、いい加減にやってしまうと疲労回復に大きな差が生まれます。
特に遠征や、何度も試合が続く時などには短い時間のうちにパパーッとやってしまいがちですが、
ダウンにも十分な時間をかけてましょう。その日、その時の疲れはその日そのときのうちに取り除くことが大事です。
ダウンの後に軽いアイシングや入浴なども効果を高めます。遠征などの場合、入浴後にストレッチなどを行うと
次の日の体の動きやすさに結構な差が出ます。ダウンは決して適当にやってはいけません。

HOME

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO